ページ上部
  • ホーム
  • 会社情報
  • こだわりの開発力と品質
  • OEM製品ラインナップ
  • 環境対応

History 沿革

技術の応用と発展。
太陽技研はさらに成長を続けて参ります。

最も多く世に送り出したのは、草創期に開発・製造した謄写輪転機でした。
電気を使わずにギアの組み合わせだけで確実に作動するこの製品は、故障の極めて少ないメンテナンスフリーの製品として販売会社各社にも絶賛され、発展途上国などの電力事情の良くない環境でも使える、正に・マスターピース・であったとの評価をいただいております。
その後半導体技術の進化に伴い、自動化・省エネ化を積極的に推進し、今日も様々な分野で活躍する独創的な製品を世に送り出し続けております。
しかし、現在においても・優れたマン・マシンインターフェースとはどんなものか・という原点に立ち返って、使いやすさを第一に製品づくりを行っております。

代表製品沿革

1954年 三和電機株式会社
1957年 社名を三和工業株式会社に変更し、謄写輪転機の製造開始。
1960年 事務機用液体印刷機を開発し、販売会社東京三和株式会社を設立する。
1963年 株式会社内田洋行と液体印刷機の販売契約を結び製造開始。
1964年 販売部門と製造部門を結合し、社名を株式会社三和に変更する。
1967年 株式会社内田洋行と提携を行い、資本・人事の交流を行う。
1968年 英国ドット・ウエル社との販売契約を結び、海外市場への輸出を始める。 謄写輪転機の製造開始。
1969年 赤外線複写機の製造開始。
1974年 宛名印刷機の製造開始。
1976年 コンピューター端末機・ファコム巻取機・ファコム繰出機の製造開始。
1977年 超音波加湿器の開発を行い、三共電器株式会社と販売契約を結び、製造開始。 製図台、ポリロンクリーナーの製造開始。
1980年 輸出向け定着器の製造開始。
1981年 ナイルタンクの製造開始。 光線治療器・薬品台ユニット・検診台・高周波スタンドの製造開始。
1983年 つぼいち、上皿接点・玉貸機の製造開始。
1984年 原稿作成機、OAサポート機器、卓上プリンター台、実物投影機専用テーブル、陣痛ベッド・高周波凝固器用ワゴンの製造開始。
1985年 GLボックス、オートプリンター、分監スタンド、バランステーブル、ディジタイザー台、ジョガーの製造開始。
1986年 液体印刷機、紙揃機、全自動紙折機の製造開始。
1987年 映写テーブルの製造開始。
1988年 音波振動式自動ふるい分け測定器の製造開始。
1989年 卓上オートコレーター、ステープラ・パンチの製造開始。
1990年 OHPテーブルの製造開始。
1991年 三和・日本金属精工の合併により、株式会社サンテックを設立。
用紙区分台、簡易卓上製図台、多目的テーブルの製造開始。
1994年 製本機の製造開始。
2003年 7月、株式会社サンテックより分社。株式会社太陽技研を設立。
中綴じ機の製造開始。
ISO9001/ISO14001を太陽技研として再取得。
2005年 ランダム計数機の製造開始。
2006年 中綴じ機(ワイヤー方式)の製造開始。
↑このページの上部へ